非ボーダー理論の定義

非ボーダー理論という用語は私が勝手に作った言葉ですが、簡単に説明すると

ある特定の条件において大当り確率(勝てる確率)が変わること

と定義しています。

特定の条件(一例)
  • 新台
  • 時間帯
  • 角台
  • ハマり台
  • 単発台
  • 激熱演出が外れた後

など、非ボーダー理論を信じている方でもそれぞれ考え方は異なりますが、共通して言えることは勝ち負けに回転数は関係ないということ。

ボーダー理論と言っても厳密にはアタッカーや電チューの削りを考慮した期待値で見る必要がありますが、ここでは説明は省きます。

目次
閉じる